①Cloud Speech APIとは

Cloud Speech-to-Textのページ のデモアプリです。言語を選択してブラウザに向かって話しましょう。
※利用登録不要(Chrome 以外のブラウザでは上手く動かないこともあります)

注意:Speech-to-Text の料金は、月ごとに請求されます(月60分以内の使用であれば無料です)

料金の詳細ページ
https://cloud.google.com/speech-to-text/pricing?hl=ja#pricing_calculations

月ごとで無料分数がございますが、一定時間を超えた場合、料金が請求されます。
「NICE CAMERA」では表のうち「音声認識(データロギングなし – デフォルト)」を使用しております。
また月60分まで無料とありますが、「NICE CAMERA」の使用時間ではなくテキスト化した音声の時間(「よろしくお願いします。」であれば、約2秒ほどになります)で換算されますので、予めご了承ください。

②Google Cloud Platform の利用登録について

Cloud Speech API を使用するには、初めに Google Cloud Platform の利用登録が必要です。
※Cloud Speech API は Google Cloud Platform が提供するサービスのひとつです

1.まずはじめに登録用のGoogleアカウントをひとつ用意

2.Google Cloud Platform トップページの「無料で開始(無料トライアル)」をクリック。Googleアカウントでログインしましょう

3.Google Cloud Platform の無料トライアルの登録画面が表示されます。住んでいる国を選択後、同意して「続行」をクリックしましょう

4.次の画面で「電話番号」を入力

5.アカウントの種類「個人」or「ビジネス」を選択。「クレジットカード番号」or「PayPel」を選択し「名前」「住所」などそれぞれの項目を入力しましょう
※これらの項目は全て入力必須
入力を終えたら、「無料トライアルを開始」をクリックしましょう

6.そのあと「質問」が表示されますので、答えていきましょう

7.以下のようなGoogle Cloud Platform のコンソール(管理画面)が表示されれば、登録完了です

③プロジェクトの作成

Cloud Speech API のテスト用に新しいプロジェクトを作成します
※テストが終わったらプロジェクトを削除するだけで片付けができます

1.「My First Project」をクリック

2.「新しいプロジェクト」をクリック

3.使用したいプロジェクト名を入力して、「作成」をクリックしましょう
※今回は「test」と入力します

4.「作成」を押したあとこのようなプロジェクトが作成されます

以上で下準備は完了です

➃Cloud Speech API の有効化について

下準備が終わりましたら、Cloud Speech API を有効化しましょう
※1ヶ月60分までの変換なら無料で使用できます
料金 | Google Cloud Speech API

1.左上の「≡」から「APIとサービス」⇒「ライブラリ」を選択しましょう

2.「Speech API」を検索しましょう

「Cloud Speech API」を選択し「有効」をクリック

これにて「Cloud Speech API 」が有効になりました

⑤APIキーの作成

「Cloud Speech API」 の認証に使う APIキーを作成します

「認証情報」を選択し「+認証情報を作成」から「APIキー」をクリックしましょう

すぐに APIキーが作成されます
※表示されているAPIキーをメモすることを推奨します

「キーを制限」をクリックする場合、このキーを使用できるウェブサイト、IP アドレス、またはアプリを指定することができます

⑥「NICE CAMERA」にてAPIキーの設定の仕方

上記の流れを終えましたら「NICE CAMERA」を立ち上げましょう

1.右下の「設定」をクリック

2.「設定」の中の「アバター」を選択し、「口の開閉制御(リップシンク)」のチェックボックスを外します

3.リップシンクのチェックボックスを外した後、「文字起こし」をクリック

「文字起こしをする」と「文字起こしを字幕として仮想カメラに表示します」にチェック
「APIキー設定」にて有効なAPIキーを入力、登録&有効にチェックをし成功すると「APIの認証に成功しました」と表示されます

以上で「NICE CAMERA」での設定も完了となります

問題が解決しないときは…

こちらからお問い合わせフォームよりご連絡ください